相手をじっくり選ぼうとして、複数の相手と交遊する人がいますが、これは厳禁です。

あなただって、相手が複数の相手と交遊していたらショックですよね?

■ 婚活で複数の相手と交遊することへの抵抗

生涯のパートナー探しのために活動する

いわゆる婚活を行っている方はたくさんいらっしゃいますが、婚活していく上で結婚相談所の利用や、婚活パーティー、お見合いパーティーなどさまざまな場へと足を運ぶ機会も増えてきます。 結婚相談所のマッチングなどを利用した場合は、そのまま特定の相手と交際を始めていくということも多いのですが、お見合いパーティーなどの合コン形式のものを多数利用していると、複数の相手との交遊を深めていくことになることもよくあります。

この場合、真面目な方ですとこれは二股になってしまうのでは?と悩んでしまう場合もあるようです。 とはいうものの、婚活をしている以上その活動中は結婚相手を見定めるための重要な期間でもあります。 初めからこの人だ!というような方と巡り合うことができれば話は早いのですが、「いい人なのだけれど、結婚まではどうだろう…もう少し様子を見てみたいな」という場合がほとんどだと思います。 これはある意味当然のこととも言えるのです。結婚相談所などの利用でうまく異性との交流ができるようになったといっても、まだ知り合って間もない方ばかりです。 今すぐに結婚まで考えられるかどうか解らない、というのは自然なことです。

しかし婚活に熱を入れている方たちというのは

年齢的にも正直なところもう後がないという思いの方ばかりです。

一人の方だけをじっくり見定めていたのでは、もしダメだったとなった場合再び相手探しから始めなければなりません。当然その間にも時間は過ぎています。 そのリスクを考えた時、複数の相手と交遊を続けていくことは決して悪いことではありません。 もちろんその場合はちゃんと節度をもったお付き合いの上で、という条件が付きますが、何人かの候補者とお付き合いをしていくのはお互い様ということで、特別気にすることではありません。

自分の中で堂々と後ろめたいことはない、という範囲でのお付き合いであれば全く問題はないでしょう。 もしも相手に対してどうしても悪い気がしてしまう、という方は堂々とそのことを告げてしまえば良いのです。 お互いに婚活中という状況の中、相手の方もそのことに対しては理解を示してくれるはずです。 相手の方がその時点で、自分一人に絞っていたという場合ももしかするとあるかもしれません。そういった場合の双方の気持ちの面の誤解をなくしておくためにも、複数の方と交遊している事実を話しておいたほうが、後々スムーズに話が進むようにもなることでしょう。

結婚相談所の比較

結婚相談所で婚活!

成功させるために必要な準備をしましょう!
選んでばかりいると、チャンスを逃すかも?
実際に婚活をした方の体験談を読んでみよう!
こんなところが優れています!というご紹介