お見合いの後、もう一度デートをするにしても、お断りにしても、お返事には困りますよね。

デートを重ねた後ならなおさら、お断りはいいにくい!

お見合いをした相手への返事って、どうすれば?

結婚相談所などを利用して婚活をしていると

そのうちマッチングによってお見合いをする機会が訪れてきます。 初対面の相手同士でのお見合いで、緊張してしまうことも多々あると思いますが、無事お見合いを終了したら今度は相手に対して返事をしなければなりません。 この場合一方がいくら良いと思っていても、相手のほうが断ってきてしまえば当然お付き合いを続けることはできません。

とはいうものの、お見合いでただ一度会って話をしただけでは、まだ相手のことも深くはわからず決めかねてしまうということも多いでしょう。したがってよほど第一印象や話してみて合わないと感じた場合以外はお見合いのあとにもう一度くらいは会ってデートをしてみるという方がほとんどです。 お見合いの時点では、お断りする場合ももう一度会ってみたいという場合も、結婚相談所のスタッフの方に伝えることになります。そして双方ともお会いしたいということであれば、次のセッティングを行うことになります。 若干の流れの違いはあるかもしれませんが、ここまでは基本的に結婚相談所のスタッフの方たちと一緒に行っていくような感じですので問題はありません。問題はこれ以降です。

通常お見合いのあとに2回3回とデートを重ねている場合は

結婚を前提に話が進行しているという状況です。

したがってもしも途中で結婚相手としては考えられない、という想いが湧いてきたのであればできるだけ早くお断りの意思をスタッフの方に伝えるようにしましょう。 あまり他人の常識を考えすぎてしまうのもよくありませんが、世間一般での常識ではお見合いをした後に3回以上会ってデートを重ねているようでしたら、いよいよ結婚に向けて進み始めたんだ、という認識をされてしまいます。 それはつまり相手にもそういう期待を持たせてしまうということでもありますので、3回以上のデートを繰り返した後に突然お断りするというのは、若干相手に対しても失礼だということになります。 もしも早い段階から違和感を感じたりしているのであれば、期待を持たせてしまうのはより迷惑をかけてしまうことになりますので、断りづらくてもきっぱりと断っておくことです。

しかし初期の段階では本当に結婚まで考えてお付き合いしていたのだけど、5回6回と会っていくうちにズレを感じ始めてきて…ということももちろんあると思います。 そうした場合無理をして付き合う必要はありませんのでお断りするしかありませんが、その場合は簡単に断ってしまうのではなく誠意をもって、しっかり相手と話し合いをした末にお断りするようにしましょう。

結婚相談所の比較

婚活を成功させるには?

結婚において勝つと負けるってどういう意味?
お見合いをした相手にどんな返事をすれば?
お見合いで失敗しないためにはどうすれば?
婚活を成功させた方の貴重な体験談です