こういう言い方は露骨すぎて嫌ですが、結婚においても勝ち組と負け組があると言われています。

しかし、幸せになった者勝ちです!

結婚の勝ち組と負け組ってなんなの?

婚活を熱心に行っている方たちの意識とはどういったものなのでしょうか。

特に女性の場合は、いわゆる結婚においての勝ち組になりたいと願っていることでしょう。 当然負け組にはなりたくない、との思いでより好条件の相手を探している方がほとんどです。 しかしこの勝ち組、負け組というのも実に漠然とした表現で、実際のところイメージしている勝ち組とはどういったものでしょう。多くの方は毎日のんびり自宅で過ごして、習い事や趣味の時間も持てて、犬を飼いながら旦那さんの帰宅を待つ、なんていう生活をイメージして勝ち組としているのではないでしょうか。

しかし果たしてそんなことが本当に可能かどうかというのは疑問が残ります。 一昔前のバブル期であれば、そんな生活を現実に手に入れた女性たちもごまんといらっしゃることでしょう。 ところがこの不景気の続いた現代で、なおかつ一般人の収入格差が縮まってきたと言われるご時世では、そんな生活はごく限られた一部の層にしか不可能です。

それを婚活をしている男性の中から見つけ出すというのは、宝くじに当たるほどの確率です。 こんな生活をできるようになれば確かに結婚の勝ち組といえるかもしれませんが、ほぼ実現不可能な夢を追い求めるよりも、現代社会においての堅実な勝ち組となることを目指すほうが理にかなっています。

先に述べたように

近年の若者の世代は一般の会社員である限り

収入の個人差がかなり少なくなっています。 よほど個人でなにか事業を起こして成功したなどの例外がなければ、収入面においてはそれほどの違いはないと考えても良いでしょう。 また安定した職業というのも、今の御時世では夢想に近いものがあります。 一流企業でも簡単に吸収されたり、倒産してしまったりする時代ですので、もはや生涯安泰の職業などというものは存在しないといっても過言ではありません。

こんな世の中だからこそ、結婚相手にもっとも求めるべきものは、その人の人となりとなるのではないでしょうか。 高収入だから勝ち組、二流三流の企業勤めで定収入だから負け組、と簡単に割り切れる時代はもう終了したといえます。 心の安息を覚えることができる結婚相手と巡りあうこと、それこそが現代における勝ち組といえるのです。 婚活を行う場合は、学歴や収入といった好条件ばかりを重視するのではなく、真の意味での勝ち組となるべく本当の幸せな結婚生活を求めた婚活を行うようにして頂きたいものです。

結婚相談所の比較

婚活を成功させるには?

結婚において勝つと負けるってどういう意味?
お見合いをした相手にどんな返事をすれば?
お見合いで失敗しないためにはどうすれば?
婚活を成功させた方の貴重な体験談です