婚活を行う際に、相手に求める条件は多くても3つまでにしましょう。

女性だって、料理が上手くて、家事が得意で、胸が大きくて、可愛くて…と、たくさん条件を付けられたら嫌ですよね。

■婚活で相手に求める条件は3つまで!

婚活を行っていくと

結婚相談所に登録したり婚活サイトに登録したりすると思います。 その時に選任アドバイザーにどのような条件の人と結婚をしたいのかといったことを問われると思いますが、こちらは先に決めておくとかなりスムーズに婚活を進めることができるようになるので覚えておきましょう。 婚活を本格的に始める前に相手に求める条件をきちんと設定しておかないと、あの人もこの人も気になるといった風になかなか決めることができない場合もありますし、あまりにも多くの条件を設定してしまうと納得のいく相手を見つけることすらできない場合もあります。 ここでは婚活で相手に求める条件の考え方について紹介していきたいと思います。

●条件を三つに絞る理由

ここで考えておくべき婚活で相手に求める条件というのは

3つまでに絞ったほうが良いとされています。 例えば、収入はいくら、どれくらいの休みを取ることができるのか、近所に住んでいるかどうかといったことが挙げられると思いますが、理想を高く求めすぎてしまうとどのような人に出会ったとしても納得がいくことができず、結果的にずるずると長引く婚活に突入してしまうことも考えられます。 ですので、自分はここは絶対に譲ることができない!という条件を三つまで設定した上で婚活に挑むようにしましょう。

婚活で相手に求める条件というのは男性と女性で大きく異なってくるものです。 男性であれば女性の包容力や家庭力などを重視することが多く、女性であれば男性の経済力や社会的な立ち位置などを重視することが多いようです。 これらを軸に結婚相手の条件を考えたうえで、自分なりに譲ることができない条件を設定するようにするとよいでしょう。

●条件は婚活の途中で変えても良い

婚活を進めていって、多くの人と実際にお見合いをしたりパーティーで話をしていくと結婚の条件などが異なってくる場合もあります。初志貫徹でいることは大事ですが、条件をその時々によって変えていく柔軟性も婚活では必要不可欠です。 あまりにも柔軟性が悪いようだと婚活疲れなどを引き起こしてしまい、結果的に「結婚はもういいや」となってしまう可能性もあるので、婚活での相手に求める条件は途中で変えても良いと気楽に構えるようにしましょう。 ただし、あまりにもコロコロと条件が変更していってしまっては、婚活における軸がぶれていることになってしまうので、専任アドバイザーなどとしっかりと話し合いをしてその時々に考えていくようにしたいところです。
結婚相談所の比較

結婚相談所の基本知識

結婚相談所には必ず専任のアドバイザーが!
結婚相談所の入会基準と必要な書類について
結婚相談所では男性の方が少ないって本当?
結婚相談所の利用者は年々増加傾向にある?