大手結婚相談所と婚活サイトの口コミと評判を比較してランキング

おすすめの結婚相談所の比較ランキング 口コミや体験談を基に一番自分にあった婚活方法を探しましょう。

結婚適齢期と平均初婚年齢

平均初婚年齢

結婚適齢期
近年では晩婚化が進み平均初婚年齢は年々上がっている傾向にあります。 平均初婚年齢が20代前半~中盤にかけての時代というのは昭和の話で、これは医療などの発展に伴い平均寿命が延びていることからくる結果でしょう。

そして現在では女性でも20代後半、男性では30代になるほど平均初婚年齢は高くなっていて、若年層の結婚したいという意識の低下の表れで20代は「遊びたい、楽しみたい」 と考える人が大半を占めているということになります。

人によって違う結婚適齢期

結婚適齢期とは心も体も充実して、結婚に適した年齢のことをいいます。 ではなぜ結婚適齢期は人によって異なるのかということですが、身体の成長は基本的にほとんどの人が同じように成長し、20代になる頃には十分に結婚に適した年齢だと言えます。 しかし、心の成長は人によって大きく異なり、結婚したいと感じる年齢が人それぞれ違うということになります。

上記で記述した平均初婚年齢が年々上がっているというのには、この心の成長が大きくかかわっていて、 この先長い人生で20代で結婚したいと考える人が少なくなってきていることを示しています。 しかし、それでも20代前半の若いうちに結婚したいと考える人もいれば、結婚は30歳、又は40歳を過ぎてからと考える人もいます。 このことから結婚適齢期は人それぞれ異なるものであると言えます。
ページ上へ戻る

まとめ

自分の結婚適齢期を見極める

結論から言うと、結婚したいと思った時が自分の結婚適齢期で、それまでは結婚に対する心の準備ができていないということになります。 なので、自分自身で結婚を望むようになるまでは、両親に焦らされたり周囲の状況に焦らされたりしても、しっかりと自分の意思を持つことが大切です。 自分自身結婚の準備ができていないのに、婚活を始めても良い結果になるわけもありませんし、真剣に婚活に臨んでいる人に対して失礼にもあたります。

逆に結婚したいと思うようになってからずいぶんと時間が過ぎている、結婚適齢期を過ぎていると感じる人は早急に様々な対策をとるべきであり、 結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティーなど使えるものは何でも使って自分に合った良いパートナーを探すべきでしょう。
ページ上へ戻る